わきがに制汗剤スプレーがおすすめできない理由

制汗剤スプレー

肌を露出する機会が増える夏は、体の様々な部位のお手入れが欠かせません。

その中でとくに気を配る部位がわきではないでしょうか??

ムダ毛処理はもちろん、わきが対策は必須です。

 

わきのニオイ対策として多く用いられる方法として一般的なのが制汗スプレーです。

お手軽な方法で多くの方が使用していますが、実は制汗スプレーはわきがにはおすすめできません。

その理由としては、制汗スプレーは効果が弱いことが挙げられます。

汗のにおいを抑えるには、そもそも汗の発生自体を抑えなければいけません。

しかし、スプレータイプは汗腺をふせぐ効果が弱いのです。

また、暑い時期はわき汗をかく量も増え、流れ落ちてしまいます。

そのため、その都度スプレーする手間がかかってしまうのです。

 

ほかにも香料の問題があります。制汗スプレーの多くは香りがついていますが、汗のニオイと香料が混ざり合い、不快なニオイを作り出してしまいます。

良かれと思って行ったことが裏目にでてしまうのです。

 

そしてわきのニオイの原因はひとつだけではありません。

一般的にわきがと言われるのは、エクリン腺とアポクリン腺という汗腺から出る汗から発生しています。

しかし、ニオイのもとは皮脂が酸化して発する加齢臭、雑菌の繁殖によるものなどがあります。

制汗スプレーは汗腺から発するニオイに対して働きかけるものなので、完全にはニオイ対策ができないのです。
また、殺菌力が弱いため、汗腺によるニオイに対しても効果が高いわけではありません。

 

 

わきが対策をする際は制汗スプレーだけではなく、ほかの対策も講じることが大切です。

コメントは受け付けていません。