わきがの治療法で一番安いものは??

治療

わきが治療には種類がいくつかありますが、なるべく料金を安く抑えたいという方は多いのではないでしょうか??

比較的料金が安い方法は塗り薬や飲み薬を使うという方法になります。

ただ、わきがが軽度な方の方法となるため、中度の方や重度の方は効かないこともあります。

塗り薬や飲み薬は市販でも販売されていますが、病院で処方されたもののほうが効果は現れやすいと思います。

費用としては、千円から数千円のものが多いようです。

 

塗り薬や飲み薬以外の方法としては、

  • ボトックス注射
  • レーザー治療
  • 電気凝固法

などがあります。

薬以外で一番安い方法ですと、ボトックス注射での方法となります。

 

注射は保険が適用される所もあるので、費用を安く抑えることが可能となります。

また、時間があまりかからないのもメリットのひとつです。

費用は3万円からとなり、時間としては5分から10分となります。

 

ボトックス注射の次に費用が安いのはレーザー治療となります。

費用は7万5千円から15万円となります。

レーザーを当てて、わきがの原因となるアポクリン汗腺を刺激して治療を行います。

こちらの方法も時間はかからずに5分程度となります。

 

電気凝固法は、費用が10万円からとなります。

わきに針を刺して電気を流す方法となります。

 

これら三つの方法は再発の恐れもあるため、その点を把握しておきましょう。

ちなみに、手術をしてわきがを治す方法もありますが、こちらの費用は高額となるため、なるべく費用を抑えたい方に関しては、まずは手術以外の方法を試してみましょう。

 

コメントは受け付けていません。