子どものわきが予防は大人がしましょう!!

子どものわきがは思春期を迎える頃に発症する事が一般的です。

思春期

そしてわきがになった本人は気づかないまま普段の生活を続けている事が多いです。

 

子どもがわきがになる原因は二つあります。

一つ目は脇汗をかいたままの状態で放置してしまっていたり、不衛生な状態でいることで雑菌が繁殖して、わきがの臭いが発生してしまいます。

この対策としては、こまめに脇汗を拭き取るなどして常に脇を清潔な状態を保つことです。

雑菌の繁殖を防ぎ、わきがの臭いを発生させなくします。

今はわきがではないという方も油断せずに予防のためと思い清潔に保つようにする方が良いです。

 

二つ目は親からの遺伝によるわきがです。

片方の親がわきがの場合子供に遺伝する確率は約50%です。

両方の親がわきがの場合は約80%の確率で遺伝すると言われています。

これは遺伝なので脇を清潔にするなどの対策では臭いは消えません。

皮膚科や美容外科などへ行き医師に相談の上、わきが治療を行っていくのかどうかの判断が必要になってきます。

 

ただし子どものわきがの場合、成長とともに臭いの元となる成分が復活しやすいため、重症でなければわきがの治療を行いません。

そうなった場合、諦めてしまわず普段の生活習慣を改善するようにしましょう。

食べ物は欧米化がすすんでますが、これはわきがや体臭発生の原因にもなります。

なるべく脂っこいものを控えて、野菜を多く取るようにしましょう。

またお肉、チーズや牛乳などの発酵食品を過剰に摂取する事も原因の一つと言われているので、食べ過ぎに気をつけましょう。

 

コメントは受け付けていません。