自分のわきがの臭いがわからない人の判断方法とは?

わきが治療をする以前に、自分の臭いがわからないという方もいらっしゃいます。

自分の臭いは、普段から毎日嗅いでいるため、慣れてしまい、自分がどのくらいの臭いを発しているのかが分からなくなってしまいます。また、常にしているわけではないため、わきがかどうかということ自体疑問に思われている方も多いです。

 

わきが治療をする前に、自分がわきがかどうかを確かめる方法があります。

わきが

一つでも当てはまっている場合はわきがの可能性が高いです。

まず、脇の汗をかいたときに服に黄色いシミが付くということがあります。

通常はエクリン腺からでる汗は無色透明なので、黄ばむことはありませんが、わきがの原因となる汗には、様々な物質が含まれているため、黄ばみの原因となるため、わきがの可能性が高いです。

脇の汗をかいたときだけでも臭いがする場合があります。

普段でも自分でわかるくらい臭く感じてしまう場合には、可能性は高いです。

それだけではわからない場合もあるため、もし、周りの人に聞く勇気がある場合は周りの人に聞いてみるという手もあります。

 

また、遺伝でもわきがの体質となる場合があります。

両親のどちらか、もしくは両方がわきがであった場合には、わきがはアポクリン腺の数によっても決まり、アポクリン腺の数は遺伝によっても決まります。

ただし、必ずというわけではないため、運が良ければ遺伝していない可能性もあります。

 

最後に、アポクリン腺は耳にもあるため、耳垢が湿っている場合、わきが体質の可能性があります。

専門の病院でも判断材料の一つとなっているため、耳垢が常に湿っているという方はわきがの可能性があります。

コメントは受け付けていません。